ファッション

【メンズ】トレンド関係なしコスパのいいブランドの取り入れ方!白シャツコーデのバランスのとり方をお伝えします。

「いつも量販店で手に入る服ばかり着て飽きてきた、、、」

「あか抜けた服装を楽しみたい、、、」

「普通の服でもお洒落にする方法ってないのかな?」

 

こんな悩みがありますよね。

 

お洒落を楽しみたいけど、量販店のものばかり、、、

着るのはいいけど、誰かと被ってしまう。

そうなると、お洒落を楽しめない。

 

こんな事を感じますよね。

 

どうせなら、

「あの人お洒落だね!」

と言われたい。

 

皆と同じ服も良いけど、たまにはかっこいいスタイルも目指したい。

これは当然のことです。

僕も、量販店の服を持っていますが、やっぱりそれだけだと物足りないんですよね。

 

ファッションの良い所は

「自分を表現できる」

ことなので、自分なりの楽しみを見つけたいものです。

 

この記事では、量販店の服だけでは物足りない。

あか抜けたお洒落を楽しみたい方に向け、1ランク上のコーデについてお伝えします。

全身ブランドにする必要はない

結論ですが、

量販店の服【ユニクロ等】に1着ブランドのコートを着る。

これだけで、あか抜けた他の人とも差別化できるコーデになります。

 

良くあるのが、高いものだったらお洒落なんでしょ?という考えです。

確かに高い、ブランドものだと素材が良いため、

発色に影響してくるので、品のある感じに見えます。

 

でも、ユニクロ等の量販店でもすごいアイテムはたくさんあります。

そこで、量販店の服をベースに1着ブランドコートを羽織るとあか抜けるのです。

 

例えば、トレンドではなく定番スタイルでお洒落になりたい場合は、

メンズの場合、ドレスと呼ばれる要素を含めたコーデがおススメです。

 

簡単に言うと、スーツのようなピシっとしたカッコよさを得るというもの。

 

その為には、落ち着いた色を選ぶのがベストです。

外れがないのは、

「黒のスキニーパンツに白シャツ」をベースにする事。

 

 

アマゾンベストセラー品です。

シャツはアイロン不要なので、手入れが楽です。

スキニーも足を細く見せる効果もあるのでオススメです。

 

これは僕自身も、白シャツ黒ズボンを実際に普段着てみて思うのですが、

ものすごく引き締まって見えるんですね。

足も長く見えますし、自分の体型を隠してくれるので良い。

 

さらに、他の服と非常に合わせやすい。

例を上げると、ベージュのチェスターコートを合わせると映えます。

 

紺色のステンカラーコートでもいいですね。

更に、ベージュのハンチング帽を合わせるとすごくお洒落です。

まるで、ファンタジーのアニメのキャラのようなカッコよさが得られます。

 

靴も紺色、黒色の革靴だとよりベストです。

 

紺色ではありませんが以下のブランドコートはオススメです。

 

 

 知る人ぞ知る「ユナイテッドアローズ」の逸材。

「Pコート」と呼ばれる軍服がルーツのコートです。

無駄のなく、スタイリッシュなデザインはあなたの魅力を最大限に引き出します。

 

実際、評価はすごく高いです。

 

帽子のオススメだと、以下の帽子です

 

 

2000円台で買える上に、汎用性が高いハンチング帽です。

黒色だと引き締まって見えるのでオススメです。

カケラ流!手にはアクセサリーではなく、フィンガーレスグローブが吉

アクセサリーを手に付けるのもすごくいいのですが、

僕が断然にオススメするのは、黒色のレザー風のフィンガーレスグローブです。

手だけ覆われてない手袋ですね。

 

何故オススメか?

アクセサリーだと袖をまくらなければいけない事もありますし、

グローブだと、冬などでも防寒対策になるんですね。

 

しかも、お洒落。

アクセサリーを付けている人は山の様にいますが、

フィンガーレスグローブを付けている人はそうそういません。

 

なので、目立たないけど、目立つ。

という、謎のお洒落を楽しめます。

まず他の人と被る事はありませんし、これまたゲーム、アニメの世界の主人公になり切れます。

 

バイオハザードのクリスが付けているグローブと言えば分かるでしょうか、、、

逸材ですので、声を大にしてお勧めします。

これ↓

あまり教えたくありませんでしたが、

この手袋は付け心地に優れていて、価格が圧倒的に安く、

しかも蒸れにくいです。

 

僕の指が細いからか、手の先に隙間ができて心地いいんですよね。

しかもこの手の手袋にありがちな装着しずらい、ということがありません。

 

なぜなら、手首の部分にボタンで留めるタイプなので、

さっと装着できてストレスフリー。

しかも3年同じものを使っているにもかかわらず、全然色あせない。

 

超お気に入りの一品です。

見た目も安っぽくありません。

 

これがまた、どんな服を着ても似合ってしまう。

最高の相棒です。

これがおススメの理由です。

 

あなたがこのアイテムを持っているだけで、

「それどこで買ったの?」

と羨ましがられること間違いなしでしょう。

トータルバランスで考える

服のコーデは、トータルバランスが大事です。

 

例えば、凄くカッコいいコートを着て、

白シャツ、黒スキニーだとしても、靴が子供っぽい。

こんなコーデだと、締まりません。

 

だから、服は全体を落ち着かせるイメージで選ぶなら、靴も革靴の黒か紺を選ぶ。

もしくは、ブーツ型の黒スニーカーを選ぶ。

などの工夫が必要です。

 

 

上記の靴は合皮ですが、黒色でスタイリッシュに見えるアイテムです。 

値段も現在3000円程なので買って損はない1品ですよ。

 

こういったアイテムを使う事で、全体の統一感が出て「お洒落だね」と言われるようになります。

初心者が良く失敗するのは、着たい服だけみて選んでしまうからなんですね。

 

着たい服を選ぶ場合は、色彩に注意するとグッドです。

例えば、、、

 

「黒+白+ベージュ」

「青+白+ベージュ」

「赤+緑+グレー」

「マスタード+紺+グレー」

 

等は相性がいいです。

 

ここらへんは人によって意見が分かれますが、大事なのは「ベース」です。

 

モノトーンの白黒に合わせるか?

・白青の爽やかベースに合わせるか?

 

これだけで雰囲気がガラッと変わりますからね。

ちなみに下に行くほど色は濃くなる感じです。

 

だから、

「黒スキニーに白のシャツ」

「青のデニムに白のシャツ」

 

みたいな感じが良いでしょう。

 

経験上、白ズボンは合わせにくく、どうしてもほかの部分が浮いてしまいがちです。

黒ズボンだと汎用性最強ですので、1着持っておくと全然違いますよ。

「ダサい、変!センスない」から「お洒落!かっこいい!!」になった話

何を隠そう過去の僕は、ダサさの極み乙女でした(男だけど、、、)

 

いますよね。

ドクロTシャツにチェーンじゃらじゃら、派手な紫ジャケッツ!!

みたいな、ビジュアル系に憧れてるんだろうけど

 

「ダサい、ダサすぎるぞ!!!」

「昇天せよ!!ニフラム!!!」

 

と詠唱したくなる、カッコいい系憧れ兄ちゃん。

 

僕です(笑)

 

想像の通り、ボロクソに言われて、センスがないと言われる度に落ち込む。

そんな黒歴史を持ってました。

 

で、大人になった暁に、

「む!落ち着いたファッションだと、、、」

「悪くないな、、、」

 

と大人ファッションに興味を持ったんですね。

 

それからは、

「黒ズボン+白シャツ+ベージュのチェスターコート」

のような、大人っぽいファッションを意識してコーデを組む。

 

すると、

「いつ見てもピシっとしてる人」

「かっこいいね」

「どこで買ったのその服」

 

と言われるようになりました。

まあ、痩せたのもあるのですが、、、

 

その時にいつも意識するのは「ベース」です。

 

基本は僕の場合、黒白のズボン、シャツです。

なんでも似合いますからね。

外れもありませんのでオススメですよ。

【まとめ】まずは1点だけブランドを取り入れるのがベスト

結論です。

「黒ズボン+白シャツ」

に1点ブランドコートを羽織る。

 

こんな感じが、あか抜けたカッコよさを演出できます。

 

「ベース」は量販店のシャツにスキニーズボン。

その上にブランドのコートを羽織る感じです。

 

これだけで一気に全身の見た目が締まります。

 

あと以外に大事なのが靴です。

靴は紺か黒の革靴がオススメです。

高いものじゃなくていいです。

 

黒のズボンと近い色の革靴だと、カッコよく引き締まって見えます。

足も長く見えるのでオススメなんですね。

 

実際、僕もこのスタイルにしてからは、

「足長いね」

「スタイル良いね」

 

と言われるようになったので。

 

ウソみたいな話なんですが、お洒落をすると自信が付きます。

 

褒められたりすると、

「ああ。俺ってそんな悪くみられてないのかもな、、、」

と思います。

 

あなたも、毎日が楽しいし、出かけたくなるでしょう。

 

実体験から言いきれます。

 

是非お洒落に挑戦してみて下さいね。

 

最後に、僕も参考にさせていただいている方の本も載せておきます

是非手元に置いてみてください。

 

お洒落に対して考えが変わりますよ。

 

スポンサーリンク
カケラ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました